聴診器の各部の名称について

  • Q. 聴診器の各部の名称について教えてくれませんか?

    A. 当社では聴診器の各部の名称を次のように呼んでおります。

    右記の図のように、聴診器は大きく分けますと、バイノーラル部とチェストピース部の2つから構成されます。バイノーラル部はチューブ、アルミニウム製のイアーチューブとイアーチップから構成されます。

    チェストピース部は、聴音部が片面だけであるシングルサイド・チェストピースと両面にあるコンビネーション型・チェストピースの2種類があります。

    また、チェストピースの聴音部はダイアフラム(膜部)と膜を介さないベル部の2種類があり、ダイアフラムの周りをとめるポリウレタン製のリムで固定しています。同様にベル部のゴムリングをノンチルスリーブと呼んでおります。


一般的な質問について

  • Q. 聴診器の消毒あるいは滅菌をしたいと思いますが、できますか?

    A. 消毒については、患者さんに接触します、チェストピースのダイアフラム部位を中心にエチルアルコールを布に浸して、拭いていただくようお願いします。また、滅菌に関しては、当社のエチレンオキサイドガス滅菌器「3M™ ステリ・バック™ ガス滅菌システム」の低温サイクルで36時間のエアーレーションの条件で可能であります。なお、電子聴診器は滅菌できません。

  • Q. MRIが作動中で患者に聴診器を使用することはできますか?

    A. いいえ、聴診器に金属の材料が使用されていますので、熱傷等を生じる可能性がありますのでおやめください。

  • Q. 聴診器を長く使っていますが、手入れ方法について教えてもらえますか?

    A. 金属部であるチェストピースやイアーチューブは乾いた布で時々拭いて汚れや手垢を落としてください。また、患者と接触するチェストピース部も同様に拭いてください。汚れがひどいときには、石鹸水を使って拭いていただくと良いでしょう。これらは塩化ビニル製のチューブの清拭にもお使いください。

    イアーチップも時々同様に清拭してください。完全に洗浄するときは、イアーチップをイアーチューブからはずして行ってください。

    長期間使用した聴診器は耳垢等がチューブ内に付着することもありますので、それらを取り除くためにチェストピース側から一般に市販されていますエアークリーナーを用いてエアーを送ると付着物を取り除くことができます。また、可能であれば、チェストピースとチューブを外して(ドライヤー等でチューブを暖めますと外しやすくなりますが、機種によっては外すことが困難な機種もありますのでご注意ください)、エアークリーナーで取り除くと取り除きやすくなります。エアークリーナーがない場合には、綿棒やパイプを清掃する器具などを用いて清掃していただきますと、よく聴診できる状況を維持できます。

  • Q. 聴診器あるいはその交換部品を購入したいが、どこに頼めばよいですか?

    A. 出入りしています業者さんに3M™ リットマン™ 聴診器を扱えるかどうかご確認ください。ほとんどの業者さんから購入は可能であると思います。もし、どうしても入手困難であるようでしたら、こちらのホームページでご相談いただくようお願い致します。

  • Q. 私のリットマン聴診器はよく聞こえないのですが、どこか具合がわるいのでしょうか?

    A. 聴診がよくできないようでしたら、以下の事項を御確認ください。それでもよく聞こえない場合は部品の交換等が必要となりますので、リットマン取扱店へお申し付けください。

  • イアーチューブの方向確認

    右図のようにイアーチューブ(イアーチップ)を正しい角度になる方向にあなたの耳に入れてください。間違えた方向に入れますとしっかり耳にシールできませんし、よく聴音することができません。また、人間の外耳道は各個人で微妙に異なりますので、それぞれイアーチップが最適な位置になるようにイアーチューブを前後に調整してください。

  • イアーチップのフィット性

    最適なサイズのイアーチップをお使いになることは聴音には大切なことです。これは特にソフトシーリングイアーチップを使った場合に顕著になります。イアーチップは大きすぎても小さすぎてもよく聴音できません。自分の耳に適切な大きさのイアーチップを選んでください。

    チューブ内等での詰まりものの有無

    聴診器を白衣のポケットに入れていたりして、ポケット内の糸くずなどがイアーチューブ等につまっていることはありませんでしょうか?そのような詰まりものがイアーチップやチューブ、あるいはチェストピース等にありますとよく聴音ができなくなります。もし、詰まっているものがあるようでしたら、手入れ方法の質問の回答部分を参照して確認してください。

    チューブの亀裂等の有無

    チューブは塩化ビニルでできていますので、鋭利な器具などで穴や切り傷を作ってしまうことがあります。チューブが損傷しますと音が漏れるため、よく聴音できません。そのようなものが見つかった場合は残念ですが、バイノーラル(イアーチューブとチューブが一緒になったもの)を交換しなくてはなりません。

    コンビネーション型チェストピースの場合

    チェストピースがダイアフラムとベル部があるコンビネーション型のチェスチピースをもつ聴診器をお使いの場合、使用する面が聴診可能な状態になっていることを確認してから聴診してください。チェストピースとイアーチューブの接続部を使用する面がオープンになる位置に回して確認してください。


バイノーラルについて

  • Q. イアーチューブの元にある板バネの部分が壊れてしまいましたが、どのようにしたらよろしいでしょうか?

    A. 大変申し訳ございませんが、この部分の修理はできませんので、バイノーラル部分の交換をしていただきまして、お使いください。

  • Q. 聴診器を使用しない際には通常首にさげておりますが、最近首に接していた部分のチューブが以前より硬くなった気がしますが、何か原因がありますか?

    A. チューブの材質はポリ塩化ビニル(PVC)ですが、PVCの成形のしやすさ、風合い、柔軟性を出すために可塑剤が添付されていますが、これに他の応用製品と同様に経時的に油分、溶剤などが付着しますと、少しずつ外へ抜けてゆき、硬くなります。

    したがって、使用後には油分を布などで拭き取っていただき、アーマーオール™(商品名)などのビニル保護材を塗布していただきますとチューブを柔らかいまま維持することができますので、そのようにお使いいただくことをお勧めいたします。

  • Q. 長年使用していてチューブが切れてしまったのですが、この部分の修理はできますか?

    A. 大変申し訳ございませんが、チューブだけの交換等はできません。当社では、バイノーラル(イアーチップとアルミニウム部並びにチューブからなる形態)としてパーツ販売をしておりますので、現在お使いいただいておりますチェストピースから切れてしまったバイノーラル部を取りはずし、新しいバイノーラルを取り付けていただきご使用願います。


リム&ダイアフラム

  • Q. ダイアフラムを固定しているリムが切れてしまいましたが、これは交換部品を入手できますか?

    A. はいできます。機種によっては、リムとダイアフラムと一対で販売しています。リムあるいはダイアフラム単体で販売している機種は、クラシックII(小児、新生児用含む)、ライトウェイト、カーディオロジーII 並びに麻酔科、プロス用があります。

  • Q. ダイアフラムの中央部に穴が開いていますが、これは何でしょうか?

    A. ダイアフラムの中心部に小さな穴が開いている機種があります。これは、チェストピースを強く当てた際に、耳に圧力が加わることを防いだり、ダイアフラムの動きを良くするために開いています。しかし、この穴をなくしても機能上問題がないことが確認されたために、穴のあいたダイアフラムについてはすでに製造を取りやめております。ただし、小児用のサイズとマスターカーディオロジーのダイアフラムは穴が現在も開いています。


イアーチップについて

  • Q. 聴診器のイアーチップに種類はあるのですか?

    A. 当社の聴診器のイアーチップの形状には2種類のタイプがあります。

  • 一つはスナップタイプ、もう一方はネジタイプです。ご自分の聴診器がどちらのものかを確認してください。1994年以前に販売していました聴診器はネジタイプのものです。現在販売していますものは全てスナップタイプのものとなります。ネジのタイプの聴診器にも現行のソフトシーリングイアーチップを使用することはできます。

  • また、大きさも2種類あり、直径の1.3cm(大)と1.2cm(小)があります。色は2色で、ブラックとグレーの色があります。さらに、その硬度と形状により下記の3種類のタイプがあります。

    1. ソフトシーリングイアーチップ
    2. ソフトイアーチップ
    3. イアーチップ

音量について

  • Q. 音量をどのくらいまで大きく出来るのでしょうか?

    A. 3M™ リットマン™ カーディオロジー聴診器の24倍まで増幅できます。9段階の音量調整ができます。

  • Q. 通常の聴診器の音量レベルは、電子聴診器ではどのレベルになるのでしょうか?

    A. 一番小さなレベルである、レベル1が通常の聴診器と同等の音量になります。


周波数モードについて

  • Q. 周波数モードはいくつあるのですか?

    A. モデル3100では、ベルモード、ダイアフラムモードの2つのモードを選択できます。モデル3200では、それにレンジ拡張モードを加えた3つの周波数モードがあります。それぞれのモードがカバーする周波数は、

    • ベルモード(20-200Hz)
    • ダイアフラムモード(100-500Hz)
    • レンジ拡張モード(50-500Hz)
    になります。聴診中に切り替えてご使用下さい。
  • Q. レンジ拡張モードはどのような時に使用されるのですか?

    A. 20 - 2000Hzの周波数帯域から低い周波数の帯域をカバーして50 - 500Hz の周波数帯域が強調されます。まずは、このモードで聴診し、聴診する音の帯域から最良のモードを選択して使用することをお勧めします。


乾電池について

  • Q. 電池はどれくらい持ちますか?

    A. 1本のアルカリ単3電池を使用し、連続50-60時間の使用が可能です。臨床現場での使用では、約3ヶ月使用することができます。電池がなくなり残り2,3時間前の状態になると液晶画面に電池のマークの点滅表示になりますので、新しい電池を準備してください。Bluetooth™通信は電池の消耗が早いので、通信を多く使用すると電池の寿命は短くなります。

  • Q. 電池が切れると、聴診器で録音したデータ等はどうなるのですか?

    A. 記録されたファイルデータは電池がなくなっても無くなりません。フラッシュメモリーに残されます。

  • Q. 以前のモデルは、3分間何もボタンを押さなかったりすると電源が自動オフになりましたが、今回の機種はどのようになるのでしょうか?

    A. 今回のモデルは、電源オンと電源オフの中間の状態のスタンバイモードがあります。初期設定では20秒間何も操作をしないと自動的にスタンバイモードになり電池の消耗を低減します。このモードでは、ダイアフラム部に指あるいは皮膚に触れるか、あるいは5つのボタンのどれかを押すことにより、電源オンのモードに切り替わります。したがって、使いたいときに電源オフになっているという状態はなくなります。なお、そのスタンバイモード等の時間設定はカスタム設定で限られた範囲で変更が可能です。

  • Q. 使用する電池は、アルカリ電池以外は使用できないのでしょうか?

    A. アルカリ電池が製品購入時に同封されていますが、ニッケル水素の充電池、あるいはリチウム電池の使用が可能です。使用する電池の種類を電子聴診器のメニュ画面のバッテリーで選択して使用してください。


電子聴診器で録音・再生する方法について

  • Q. 録音・再生ができるのですか?

    A. モデル3200に限ってできます。最大30秒間の音を12個まで録音、保存、再生ができます。保存したファイルを誤って削除しないように、キーロックすることも可能です。録音した後にそのトラックに10秒間のコメントを残すことができます。患者名や聴診部位等を言葉にしてダイアフラム部に音声で伝えてください。後で聴診音を聴く際にこのコメントが聴診音の前に再生されます。また、モデル3200で保存したファイルを付属の3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアに転送して、PCの画面で再生することも可能です。その場合は、1トラックずつの転送になります。

  • Q. 最良の聴診音を録音するには工夫することがありますか?

    A. 録音する際には、できるだけ静かな環境でお願いします。また、ダイアフラムあるいはチェストピース部にノイズが発生しないようにしっかりと固定してください。メイン画面からRECORDを選択して録音するトラックを選択し、Mボタンを押すと録音が開始されます。録音を終了すると決めたら再度Mボタンを押して録音を終了してください。録音開始から終了するまでに30秒間を超える場合には、2度目のMボタンを押してから、さかのぼって30秒間の音が記録されます。

  • Q. 電子聴診器で録音したファイルを削除するにはどうしたよいですか?

    A. メイン画面からRECORDでトラックを選択してMボタンを押して、DELETEをスクロールし、Mボタンを押すとそのトラックの聴診音は削除されます。

  • Q. 録音した音の再生中に周波数モードや音量を変更することができますか?

    A. できます。録音時の周波数モードや音量に関係なく、再生中に周波数モード、音量を変更することが出来ます。例えば、ベルモードで録音した音をレンジ拡張モードやダイアフラムモードで再生することが出来ます。音量も再生時に大きくすることも小さくすることも出来ます。


3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアを使用したPCとの送信、受信について

  • Q. 3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアの動作環境を教えてください。

    A. 専用ソフトの3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアの動作環境は、つぎのようになります。

    • OS: Windows® XP SP2以降、Windows Vista® 32ビット、Windows® 7 32ビットあるいは64ビット
    • メモリ: 512MB 以上
    • CPU: Intel® Pentium® 4 互換以降
    • 画面: 1024x600 グラフィック ディスプレー以上
    • 必要周辺機器: USB1.1 ポート以降、 CD-ROM ドライブ(または相当品)
  • Q. 同封されているBluetooth™ USBドングルはどのように使用すればよいのですか?

    A. 使用予定のPC(パーソナルコンピューター)にBluetooth™通信機能が搭載されているか、まず確認をしてください。
    搭載されていることがわかりましたら、搭載されているBluetooth™通信機能で認証(PAIR)ができるか確認してください。それで認証が完了すれば、同封されているドングルは使用する必要ありません。認証ができない場合は、ドングルをUSB端子に挿入して、認証してください。 3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアをインストールしてある場合には、まず、PCにBluetooth™を認識させてから、立ち上げるようにしてください。

  • Q. 3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアを使用してPCに取り込める聴診音の録音時間はどのぐらいですか?

    A. 3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアの画面から録音時間を選択できます。5秒から60秒まで録音時間を選択できますので、1秒単位で選択してください。ソフトウェアを立ち上げると必ず最初は15秒に設定されています。これを変更する場合には、画面の右上のtoolsからstethoscope settingsで変更することはできます。

  • Q. PCに聴診音以外でどのような情報のデータを保存することが可能なのでしょうか?

    A. PatientID(患者ID)、Patient Name(患者氏名)、Patient Posture(患者姿勢)、Recording Site(聴診部位)の情報を一緒に残すことができます。さらに聴診した後にPC上にコメントを日本語で残すこともできます。

  • Q. PCに取り込んだファイルをPCで再生することができますでしょうか?

    A. 3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアの画面で、再生したいファイルを開き、Play to PCをクリックして黒丸表示にして再生ボタンをクリックするとPCから音が出力されます。ただし、PCの内蔵スピーカーでの再生音は音が大変小さいので、外付けの音量を増幅できるタイプ(Volume Control機能がついた)のスピーカーを選択してください。また、診断でファイルを聴く場合には、できるだけモデル3200をとおして聴診していただくことをお勧めします。

  • Q. 保存した音のファイルは、電子メールで送付することができるのでしょうか?

    A. 通常のファイルと同様に、電子メールに添付して送信することができます。3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアの画面左上のFileからOpenを選択し、開いたウインドウ内から送りたいファイルを選択してExportを押して、ファイル保存先を選択します。このファイルを電子メールに添付して送信します。電子メールを受け取った方が、同じStethAssist™ソフトウェアが搭載されたPCであれば、再生することができます。画面左上のFileからOpenを選択し、Importでそのファイルを選択すれば、StethAssist™ソフトに取り込めます。そして通常のように再生が可能になります。

  • Q. モデル4100で保存したファイルを持っています。このファイルは、3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアで取り込み、再生することができますか?

    A. 取り込んで、再生することができます。画面左上のFileからImport .e4k Fileでそのファイルを取り込んでいただければ、Importされ、再生することが可能です。

  • Q. 3M™ Littmann® StethAssist™ ソフトウェアで保存されたファイルの拡張子は何ですか?また、他の音のソフトウェア、例えばWindows® Media Player等で再生することはできないのでしょうか?

    A. このファイルは特殊で拡張子は、「.zsa」です。また、このファイルをFileからExport Recording as .wavでWAVファイルを作成することができますので、このファイルで他のソフトウェアで再生することができます。

  • Q. macOS®でも同様にデータの保存ができますか?

    A. 残念ながらできません。Windows® OSに限られます。

  • Q. Bluetooth™の規格について教えてください。

    A. Bluetooth™の規格は、2.1、クラス2で10メートルまで送信可能です。また、Networking、Dial-up、Fax、Lan access、Head setの5個のProfileが必要なものです。

  • Q. モデル3200は他の機器と干渉する可能性はないですか?

    A. モデル3200は医療機器として、EMC(Electro-Magnetic Compatibility)電磁両立性の規格に適合しております。しかし、近くに強い発信機器がある場合には、電波干渉を起こす可能性があります。その際には、本品の使用を中止し、電源を切ってそれらの機器から離れてご使用ください。

  • Q. Cardioscan™ソフトウェアに興味があります。これはどのようなもので、購入方法について教えてください。

    A. このCaridioscan™ソフトウェアは、モデル3200で使用可能なソフトウェアです。これは、4箇所(左右心基部、胸骨左縁部、心尖部)の心音を聴診して、心雑音の有無等について解析するソフトです。現在、弊社では取り扱っておりません。米国のZargisⓇ社のホームページを参照してください。購入する場合は、そのサイトから購入することになります。


心拍数について

  • Q. どのように心拍数を表示するのでしょうか?

    A. 5秒間の心音から心拍数を検知し、表示します。ダイアフラム部を心尖部の僧帽弁付近にあてると心拍数が表示しやすくなります。その後、2秒ごとに心拍数の表示が変わっていきます。


その他について

  • Q. ラテックスは含まれているのでしょうか?

    A. 含まれていません。

  • Q. 滅菌できますか?

    A. できません。液体に浸したり、滅菌したりしないでください。

  • Q. クリーニングの方法は?

    A. アルコールで清拭して下さい。

  • Q. 保証期間は何年ですか?

    A. 1年です。

  • Q. 修理は国内で実施するのですか?

    A. 国内の当社サービスセンターにて、修理致します。


3M 医療用製品 会員制サイト
FOLLOW 3M™ LITTMANN® BRAND
3M、リットマンは3M社の商標です。BluetoothはBluetooth RIGの登録商標です。WindowsはMicrosoft社の登録商標です。macOSはApple社の登録商標です。